日誌.com
どうも\(^o^)/   普通の男による、普通の日常日誌!                                                             興味を持ってくれた方に感謝!!!指摘してくれた方に感謝!!!共感してくれた方に感激!!!                            自己中心に自己満足の為のブログ・・・o(^▽^)o よろしく!!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放生会 ~行事~
放生会行事日程

九月拾弐日 午前 0時 初日祭
午後 6時 お神輿行列(おくだり) 約8キロ、4時間の大行列

九月拾参日 午前10時 朝御饌祭、午後 1時 献菓祭、午後 3時 夕御饌祭
九月拾四日 午前10時 朝御饌祭、午後 1時 夕御饌祭、午後 3時 博多町人文化連盟幕出し、午後 7時 お神輿行列(おのぼり) 約2キロ、1時間の大行列 基本的に「お下り」の逆を行くが吉塚駅方面には行かない
九月拾五日 午前10時 放生会大祭、午後 3時 献華祭
九月拾六日 午前 9時 五日祭、午前11時 献茶祭
九月拾七日 午前10時 六日祭
九月拾八日 午前10時 納祭 午後 2時 放生神祭、稚児行列、童児育成祈願祭の後、鯉の放生、鳩の放生等が行われる。

筥崎八幡宮大祭
福岡市東区箱崎1-22-1

放生会のあと社日祭が続きます博多のものにとっては、社日祭も大切で、このときのお潮井(清浄な真砂)がいちばん効き目があるそうです。
社日というのは、春と秋のお彼岸にいちばん近いつちのえ(戊=土の兄)の日です。年に2回ありますが、放生会のあとが秋の社日です。放生会のあと1週間目ぐらい、遅くても20日目ぐらい。暦で決まるので、必ずしも一定していません。おもしろいのは、中風にならないからと、社日ダコといってタコを食べる風習があります。明治の末ごろ、煮出し屋をしていた博多奥の堂(御供所町)にいた小平(こへい)という人が放生会に、台風で海岸にタコが打ち寄せられているのをみてさっそく、これを社日に売り出そうと思いつくのですが、ただ売ってもつまらないので、「社日ダコを食べたら中気にならない」とキャッチフレーズをつけて売り、大当たりしたという話があります。

箱崎は電車通りを境に、近年まで海の岸側が浜部といって漁村で、岡部の方が農村。タコが浜部の、ショウガが岡部の名物だったようで
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://riveruphome.blog.fc2.com/tb.php/367-8a581892
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。